トリキュラーは高い避妊効果のある低用量ピルとなっています。確実な避妊効果を上げるには毎日同じ時間にトリキュラーを服用することが必要となります。女性の場合ホルモンバランスが乱れると肌荒れや生理前のイライラなどが出てしますのでトリキュラーを服用してリスクを抑えましょう。それではトリキュラーについて詳しくご紹介していきます。

低用量ピルのお陰で生活を満喫!

トリキュラー服用初期は副作用が出やすい?

トリキュラーは低用量ピルという種類のピルになります。
主成分は女性ホルモンの卵胞ホルモンと同じ作用をするエチニルエストラジオールと、黄体ホルモンの働きをするレボノルゲストレルです。
女性の身体は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が著しく変化し続けますが、トリキュラーを服用することによってホルモン環境が変わり、女性ホルモンバランスを常に一定にキープすることができます。

一定にキープすることによって排卵をストップさせ、避妊の効果を得られるというのがトリキュラーの仕組みです。
トリキュラーの場合、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルの含有量が抑えられているので、比較的副作用は起こり難いとされています。
しかし、今まで1度もピルを服用したことが無い人が摂取すると、服用初期は副作用の症状を感じやすいようです。

服用後はホルモン環境が変わってしまうので、体がついていけず副作用を起こします。
服用初期で起こりやすいのが吐き気や頭痛といった症状です。
これらの症状はホルモンバランスが変化したことで感じるもので、最初は辛いと思うかもしれません。
ですが、服用を続けるうちに体がホルモンバランスの変化になれ、徐々に吐き気や頭痛などの症状は収まるので安心しましょう。

また、トリキュラーを始めて服用した女性の約30%は、最初の月に不正出血を起こしているというデータもあります。
トリキュラーは生理初日からの服用が推奨されているピルです。
この時、間違って初日から服用した際は、ホルモンバランスが生理中に変化してしまいます。
すると、生理出血が完全に終わらない状態で生理が終わってしまいます。
この状態になると生理が終わったとしても、残っていた血液が少しづつ排出されるので不正出血が起こるようです。

始めて服用した月に不正出血があったとしても、次の生理がくればほとんどのケースで改善されるので、不正出血が起こった場合も継続して摂取するようにしましょう。

トリキュラーの飲み忘れに注意

ピルを忘れずに飲む女性

トリキュラーは避妊の効果を得られる薬です。
避妊の効果は高く、ほぼ100%の確率で妊娠を避けることができます。
ただし、この100%という数字は正しく服用した時のみに適応されるものです。
間違った服用をしてしまうと、避妊の効果は得られなくなってしまうので注意しましょう。

トリキュラーは飲み忘れをしないよう、毎日服用を続けなければいけない薬です。
トリキュラーの有効成分であるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルは、血液中の女性ホルモン量を一定にキープすることによって避妊の効果を発揮します。
しかし、飲み忘れてしまうと女性ホルモンのバランスが変わってしまい、排卵が起こり妊娠してしまう可能性が高まります。
ですので特に避妊目的でトリキュラーを活用する場合には、飲み忘れをしないようにしましょう。

トリキュラーは三相性型ピルと言われる種類で、含まれているホルモン剤の量が3段階に分けられています。
赤・白・黄色と色が異なる3種類に分けられており、錠剤を1日1回服用する必要があります。
トリキュラーの場合、ホルモン剤が含まれている錠剤が21錠のタイプと21錠プラス、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが全く含まれていない7錠の計28錠の2つのタイプがある点が特徴です。

21錠タイプは21日間、毎日服用を続けた後に7日間薬を止める休薬期間を設けます。
28錠タイプは本薬という有効成分配合の21錠分を飲み終わった後は、偽薬という有効成分無配合の7錠を服用することになります。
飲み忘れが心配という人は28日間、毎日錠剤を飲み続けることになる28錠タイプを選ぶと良いでしょう。

さらにトリキュラーは、できるだけ毎日同じ時間帯に服用するのがベストです。
毎日、決まった時間に服用しやすいタイミングを決めて、上手くトリキュラーに飲み慣れましょう。