トリキュラーは高い避妊効果のある低用量ピルとなっています。確実な避妊効果を上げるには毎日同じ時間にトリキュラーを服用することが必要となります。女性の場合ホルモンバランスが乱れると肌荒れや生理前のイライラなどが出てしますのでトリキュラーを服用してリスクを抑えましょう。それではトリキュラーについて詳しくご紹介していきます。

低用量ピルのお陰で生活を満喫!

トリキュラーは生理周期を整える

生理用ナプキン

トリキュラーの成分は黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つの女性ホルモンです。
この薬は低用量ピルの一種ですが、避妊効果が高いだけでなく生理周期を整える効果や生理痛を緩和するなどの効果もあります。
日本で最も多く使用されている低用量ピルであり、病院やクリニックでも処方されることが多くなっています。

トリキュラーを利用すれば望まない妊娠を99%以上の確率で回避することができますし、生理周期をコントロールしたいという人にもおすすめとなっています。
実際にこの薬を利用した女性の多くが生理のトラブルを解消しているということです。

低用量ピルといってもいろいろありますが、トリキュラーは効果や安全性が高いですし、値段も安いということで人気が高くなっています。
この薬は服用する錠剤が3種類に分かれており、含まれている女性ホルモンの量が3段階に変化することが特徴です。
そのため他のピルよりも体内のバランスを自然に保ちやすくなっていますし、副作用が少なくて済むということです。

女性の体はとてもデリケートなので、ちょっとしたストレスで生理周期が乱れてしまうこともあります。
現代社会はストレスが多いため、生理不順に悩む女性も多いですし、生理のトラブルによってイライラや鬱など精神面の問題も増えてしまうということです。
トリキュラーを服用することで生理周期が整うため、子宮内膜が薄くなって経血を減らすことができます。
結果として辛い生理痛も緩和されると言われています。

トリキュラーには21錠入りと28錠入りの2種類があります。
トリキュラー21の飲み方は、生理が開始した初日に1錠を飲むようにします。
シートの裏面に数字が書かれているため、きちんとチェックして順番を間違えないようにしましょう。

毎日決めた時刻に1錠を服用して21日間継続することが飲み方のポイントです。
1シート飲み終わった後は7日間の休薬期間があり、29日目になったら新しいシートに替えます。

トリキュラー28も生理が始まった日から飲み始めることになります。
1日1錠ずつ同じ時間帯で28日間飲み続けましょう。
22日目から28日目の間は偽薬なのでこの期間中に生理がきますが、続けて飲み続けることになります。
1シートが終わったら、新しいシートに替えて服用を続けます。

突然の生理に対応する方法

旅行などのイベントがあるため、生理日を変えたいという人もいるでしょう。
そのような場合もトリキュラーなどの低用量ピルを使うことができます。
生理日を移動するピルは旅行ピルなどと呼ばれており、飲み方をコントロールすることで生理の期間を調整することができます。

旅行に合わせて生理日を早めたいという場合、普段からピルを服用している人と生理日を移動させるために服用する人では飲み方が少し異なってきます。
それぞれの飲み方をきちんと守ることで生理日を変えることができます。

普段からピルを服用している人の場合、早めたい日にちの数だけ黄色の錠剤を減らして休薬期間に入ります。
1~3日すると消退出血が起こるため、新しいシートの1錠目から飲み始めるようにしましょう。
減らした日数分だけ錠剤が前のシートに残りますが、錠剤が残ったシートは捨てずに保管して吐いた時などに利用するのがおすすめです。

普段がピルを服用していない人の場合、生理が始まってから5日目~7日目までにピルを飲み始めるようにします。
そして、生理を早めたい日まで飲み続けていきましょう。

飲み終わると1~3日でいつもより経血の少ない生理がきます。
普段がピルを服用していない人は早めにピルを飲み始める必要があるため、ずらしたい生理がくる前の周期のうちにトリキュラーを用意しておきましょう。
最低でも10~14日間は服用しないと予定を変えられないことがあります。

トリキュラーを使えば生理を早めるだけでなく、遅らせることもできます。
しかし、生理を遅らせるためには避けたい日までピルを飲み続ける必要があります。
トリキュラーが体に合わないのに飲み続けると副作用のリスクが高まってしまうこともあるので注意しましょう。